RECIPE
RECIPE レシピ

ぬかどこボックス2023年01月20日

【基本の漬け方】

作り方

HOW TO MAKE

  1. 漬けたい食材を準備します。食材にあった下処理を行ってください。※表参照

  2. 食材をぬか床からはみ出ないよう、なるべく奥に入れます。
    ぬか床の表面をならし、しっかり押して空気を抜きます。

  3. ぬかどこボックスの内側をきちんとふいて、冷蔵庫か常温で保存します。

    食べる時はぬかをしっかり落とした後、流水で洗い、水気を拭きとり、食べやすく切り分けます。
    ぬか漬けは取り出した直後が一番おいしいので、すぐにお召し上がりください。
漬け方 漬時間
(冷蔵庫)
塩でこする きゅうり
きゅうりは塩少々をすり込み、表面に傷をつけて漬ける。
他:ニンジン、大根、セロリ、ピーマン、パプリカ、カブ、オクラ、みょうがなど
半日~1日
りんご
りんご1個は四つ割りにして種をとり、塩少々で表面をこすり漬ける。
1日~2日
塩もみして水分をだして 茄子
茄子は縦半分に切り、塩をしっかりもみ込んでしばらくおき、アクをしっかり出し切って漬ける。※鉄の釘や、鉄の塊など入れると鮮やかに浸かる。
他:菜の花など
半日~1日
キャベツ
キャベツは塩少々でもみ、30分ほどおいてでてきた水けをしぼって漬ける。
他:水菜、小松菜、蕪(大根)の葉
1日~2日
包む アボカド
アボカド1個は半分に切り、種をはずし、皮をむく。
身が柔らかいのでキッチンペーパーなどで包んで漬ける。
他:茹でたかぼちゃ
半日~1日
加熱する
サツマイモ
サツマイモは蒸し器でやや固めに蒸し(または茹で)取り出す。粗熱がとれたら、好みの厚さに切って漬ける。
他:かぼちゃ、ゴボウ、ブロッコリー、じゃがいも、れんこん、カリフラワーなど
半日~1日
乾物
干し椎茸
干し椎茸はそのままぬか床に漬ける。
ぬか床に旨味が加わり、また、余分な水分を吸い取る役割も果たす。加熱して食べること。生食は避ける。
他:切り干し大根、昆布など
半日~1日

料理家プロフィール

ごはん同盟

調理担当のしらいのりこと企画担当のシライジュンイチ、夫婦ふたりによるフードユニット。得意分野は、お米にまつわる料理全般。ごはんに合うおかずはもちろんのこと、チャーハン、炊き込みごはん、お寿司などのレシピを雑誌中心に発表している。炊飯教室や料理教室なども精力的に開催し、ごはんのおいしさを広めるために日々活動中。著書『しらいのりこの絶品!ご飯のおとも101』(NHK出版)など
https://gohandoumei.com/

【レイエ】ぬかどこボックス

水分をほどよく排出するスリット穴付きぬか漬け容器

AUX ONLINE STORE
ENGLISH PAGE