COLUMN

WE ARE THE (11) COMPANY.

COLUMN コラム

コラム2024年01月25日

石焼き芋のおいしさを最大限に引き出す "ストーンプレート" 製造工場に訪問 ~ 前編

本格石焼き芋を自宅で楽しめる石焼きグリルが誕生!

column_stone-factory_0010.jpg

しっとり香ばしく甘い蜜がたまらない焼き芋。
特に寒い季節は焼き芋スイーツが恋しくなりますよね。

column_stone-factory_0020.jpg

オークスの新商品《大人の石焼芋 ナチュラルストーングリル》は、専門店のような本格的な石焼き芋が自宅で手軽に楽しめる石焼き鍋。焼き芋好きにもご満足いただけるように2年もの開発期間を経て誕生したイチオシ商品です。

今回のコラムは前編・後編の2回に分けて、自宅で美味しい焼き芋ができる《大人の石焼芋 ナチュラルストーングリル》のすごさが分かる、製造工程の全てを解き明かしていきます。
これを読めば、どうして美味しく焼けるのか、きっと納得いただけるはず!

石焼き鍋の元祖、韓国で採石・製造

column_stone-factory_0030.jpg

《大人の石焼芋 ナチュラルストーングリル》最大の特徴は何といっても、鍋の中にセットして使うストーンプレート。
このストーンプレートは天然の角閃石を使用しており、そこから放射される強力な遠赤外線により、甘くておいしい本格的な石焼き芋に焼き上げます。

column_stone-factory_0040.jpg

グレードの高い角閃石が産出できる韓国で、長年高品質なストーンウェアの生産供給を続けるデフンソッキ社がストーンプレートの製造を担ってくださっています。

なんと今回はデフンソッキさんのご厚意で製造工場に訪問。
ストーンプレートの製造工程を丸2日間、取材させていただきました。

原石の山からグレードの高い石を厳選!

デフンソッキ社の製造工場は、韓国の仁川(インチョン)にあります。仁川は首都ソウルに隣接し、巨大な国際空港や港湾で栄える都市です。

ソウル金浦空港から車で約1時間半で製造工場に着きました。

column_stone-factory_0050.jpg

工場の敷地内に入って、目に飛び込んできたのは巨大な原石の山!
これらは韓国の長水と忠州で産出されたもので、高品質な角閃石が採れることで有名です。

column_stone-factory_0070.jpg

この長水と忠州で産出された高品質な角閃石の中から、さらにグレードの高い原石だけが工場敷地内に運び込まれます。

column_stone-factory_0080.jpg

原石はひと塊なんと7~8トン!工場内に運ぶのも一苦労です。

column_stone-factory_0060.jpg
《青いバツ印は工場でさらに選別、ふるい落とされた原石》

響き渡る轟音、振動の中で石の塊を円筒型に

工場に運び込まれた原石は専用の機械と職人の技により、芸術品ともいえる質感と造形美をもったプレートへと加工されていきます。

column_stone-factory_0090.jpg

まず原石をストーンプレートの直径サイズの円筒型にくり抜いていきます。

column_stone-factory_0110.jpg

工作機械の先端に付けられたダイヤモンド製の筒状の刃が高速回転、切削しながら原石の中に入っていきます。

ゴーーーー!ガガガガー!!ギョギョギョギョー!!!

すさまじい騒音と振動です!

column_stone-factory_0100.jpg

貴重な角閃石を無駄にしないためにミリ単位で正確に位置決め、なるべく多くの円筒をくり抜いていきます。見ていると簡単そうですが、長年の経験と高度な技術が必要なんだそう。

core-perforation.gif

3つの工作機械を操り、3つの原石の上を行ったり来たりしながら同時にくり抜いていきます。
硬い原石の穿孔で刃先は高温になり、常に冷却水がかけられているので、足元がとても滑りやすく危険。見ているこちらもハラハラします!

column_stone-factory_0120.jpg

轟音と振動の中、巨大な工作機械を黙々と操作し、厳しい環境で危険な作業を続ける職人さんには感謝しかありません。

慎重かつ大胆に!7~8トンもの巨大な原石から一気に取り出す

column_stone-factory_0130.jpg

今度は大きなフォークリフトに乗って工場内に入ってきた職人さん。次は原石の塊から、くり抜いた円筒の石を取り出すそうです。

column_stone-factory_0140.jpg

まずは原石を引っ張り出します。原石はひと塊が7~8トンもあるうえに、工場内の床は冷却水に粉塵が溶け混じった泥沼状態!
原石を持ち上げようとすると大型フォークリフトでも後輪が浮き上がり、前輪は空転していますが職人さんの表情は余裕しゃくしゃく。

column_stone-factory_0150.jpg

フォークリフトの爪を差し込む位置を変えては、少しずつ原石を動かし、向きを変えます。

何回か繰り返した後、一気に原石を持ち上げました!
巨大な原石がきしむ音がします!!

ミシミシミシ...

takeout.gif

ドドーン!

ドガガガガガーッッ!!

地響きと共に巨大な原石が転がり砕け、たくさんの円筒が滑り落ちてきます!!
すさまじい音と迫力です。これだけの大胆な作業にも関わらず、商品の元になる円筒は破損することなくきれいな状態です。
まさに神業!

column_stone-factory_0153.jpg

後で職人さんに尋ねると、原石をひっくり返せるスペースに移動させながら、どこにフォークリフトの爪を入れて持ち上げたら良いか探っていたそうです。
大変に危険な作業ですが、いかに安全に、円筒の石を破損させずに取り出すかが職人の腕の見せ所とのこと。スゴイですよね!!

前編はここまで

column_stone-factory_0155.jpg

まだストーンプレートの形は見えてきませんが、元になる原石は硬く扱いも大変です。
この原石がどのようにストーンプレートに仕上がるのでしょうか。

後編では切断や研磨の加工の様子をご紹介します。ここからまだまだ多くの工程と職人さんの技術を経て「ストーンプレート」は完成します。
後編もお楽しみに!

工場での製造は大胆かつダイナミックでした!
動画で見ていただくと音声ありでご覧いただけます。ぜひ、あわせてご視聴ください。

クラウドファンディングで先行、応援購入いただけます

《大人の石焼芋 ナチュラルストーングリル》は1月12日よりクラウドファンディングサイト「Makuake」にて先行販売開始、応援購入いただけます。数量限定ですが、お求めやすい価格設定で大変好評いただいています。ご興味ある方はぜひ早めにチェックしてみてくださいね。

《大人の石焼芋 ナチュラルストーングリル》「Makuake」サイトはこちら(2024年3月8日まで)

※通常販売は2024年4月初旬を予定しています。

AUX ONLINE STORE
ENGLISH PAGE