会社紹介

毎朝の掃除

当社では毎朝25分間、会社内および会社周辺の掃除をしています。
この毎朝の25分間の掃除には重要な意味があります。

  1. 掃除はあらゆる仕事の基本となる仕事である。掃除すらまともにできない会社にそれ以上の仕事がまともにできるわけがない。掃除一つ徹底できない会社に営業・開発が徹底できるわけがない。言ってみれば掃除とは仕事の足し算・引き算・九九です。それすら徹底できない会社に方程式レベルの仕事はできません。そういう意味で「徹底する訓練」として掃除を位置づけています。
  2. 自分の担当個所を徹底的にきれいにすることで、朝一番で小さな達成感・成功体験を経験してほしい、という思いから掃除をしてもらっています。仕事の前のウォーミングUPとして頭と体を仕事モードにするために掃除をしている、ということもできます。
  3. 気付きの訓練としての掃除・掃除をしていると様々なことに気付きます。
    「あ、こんなところが汚れたままだ」「あ、ここにホコリ溜まってる」「あ、こうするとキレイになるな」こうした気付きの経験は仕事上での気付きの能力を涵養するのに効果的と言われています。
    「あ、こうするとお客様 喜ぶんだ」「あ、こうやってプレゼンするとわかってもらえるんだ」「あ、このやり方で進めれば能率が上がるんだ」このような気付きの能力を向上させる訓練として掃除を位置づけています。

サンクスカード

オークスでは仕事の上で、社内の誰かに「助けてもらった」「手伝ってもらった」時に感謝の気持ちを名刺大の「サンクスカード」に記入して専用のポストに入れています。
ポストの中のサンクスカードは社長が毎日回収します。一人の社員へのサンクスカードが3枚たまると、社長がその社員の自宅宛ての葉書を書き、裏面に3枚のサンクスカードを貼り付けて、ポストに投函します。
こうすることで、社員個人だけではなく社員の家族も社員の仕事ぶり、そして他の社員から感謝されていることがわかる仕組みになっています。

サンクスカードを通じて社内のコミュニケーションの密度を高めると同時に、「あたりまえのこと」に感謝できる豊かな感性を養うことをねらいとしています。
はたから見てどんなに恵まれた環境の中にいても、本人に感謝の心がなければ、その人は永遠に幸せを実感することはできません。また逆に、どんな不本意な状況の中にあっても感謝の心を忘れない人は、必ず人とつながり人の支援を受けて状況を好転させていくことができます。

サンクスカードのやりとりの中で「自分は人とつながっている」「自分に感謝の意識をはらってくれる人がいる」「自分の仕事は○○さんのおかげで成果が出せた」といった感覚を持てる、良質で潤いのある人間関係を社内で構築していきます。

ちょっとした改善提案

「今までそうしていたから」ではなく、常に問題意識・改善意識を持ち、全社員が月に1枚以上の改善提案書提出を義務付けいてます。大きな改善ではなく「ちょっとした」ことを自分の身の回り、会社環境を改善します。「ちょっとした」ことに気づく訓練でもあります。

調理実習

毎年の夏期休暇前に調理実習会を開催しています。毎回テーマを決めて自社商品を中心に全社員参加で行ない、実習会を通して社員のコミュニケーション、商品開発のヒントや商品の検証に役立てます。

開発スタッフだけでなく、普段料理をしたことのない男性社員から毎日調理をテキパキこなす主婦社員まで、全社員で商品開発意識を持ってワイワイ楽しく開催されます。
料理ができたら楽しみの実食会。お酒あり、ゲームあり、楽しい夜が更けていきます。

山田工務店


社内のリフォーム、環境整備活動を手掛ける山田工務店。山田工務店とは商品企画課課長の山田が代表を務め、各部門から工務店社員として参加し活動する会社??です。外部の業者さんにお願いすればキレイに出来上がります。もちろん本業ではないので多少の失敗もあります。自分達で使う場所をリノベーションして環境を整えます。自分達が手掛けることで愛着がわき、大切に使おうと心がけます。もちろん、手が終えない所は業者さんにお願いしています。
私たちは企画会社。様々な取り組み、経験を通じて商品企画へつなげます。この工務店作業も経験のひとつです。
実は工務店社員は・・・本業よりも一生懸命かもしれない?

イベント委員会

当社にはイベントを取り仕切る「イベント委員会」があり、毎年楽しい催し物があります。
秋は倉庫2階の空いたスペースでミニ運動大会。社員の年齢に配慮し、怪我しない程度の競技が行われます。実際は皆、本気モードですが…
冬はスキー&スノボ旅行。春も夏もイベント満載。イベント委員会中心として、社員みんなで楽しく作り上げるイベントが満載です。「ここまでするか!」となることが多々あります。

レア体験イベント

社員全員で早朝5:00から伊勢神宮参拝や30kmウォーキングなど『今まで経験したことがないことを社員全員で経験してほしい。様々な経験をすることで今までにない新しいアイデアが生まれてくるはず。』
そんな社長のメッセージが込められた企画が盛りだくさんにあります。

うたって踊れる会社



仕事も遊びもいつも真剣。毎日が文化祭や体育祭の前日のようにドキドキ・ワイワイ・ワクワクした雰囲気で仕事をしている会社です。イベントでは他部門の垣根なく、様々な部署の人達が一緒にまたチームに別れイベントに参加。話したことがなかった人も、新人もベテランも仕事を超えてイベントを盛り上げます。気づいたらいつの間にか、話に花が咲き・・・。
手作りクリスマスパーティーでは歌い、踊り、恋チュンも真剣真面目に取り組みました。


展示会

2008年IFFTインテリアライフスタイルリビング展にブランドとして初出展時は1小間(3m×3m)の手狭なスペースからスタートしました。回を重ね、アイテムも増え2小間に拡大。
その後、さらに4小間で出展し更なるブランド拡充に力を入れてます。

海外進出

日本にとどまらず近年は海外にも積極的に展開しています。
北米での展示会はアイデア、機能、デザインが高く評価され今後も拡大の方向です。

誕生日休暇&ケーキ

誕生日は休暇を取ることができます。また、8種類のホールケーキから選んで提供し、ケーキのネームプレートにはオリジナルメッセージを添えます。
また、クリスマスには全社員に10種類以上のデコレーションケーキから選んで提供、それぞれ社員のクリスマスを彩ります。

有給休暇消化制度

入社3年目以降の社員は、年間有給消化を義務付けています。さらに1年以内に連続5連休を1回取得することも義務付けています。リフレッシュ、余暇の充実はもちろん、自己啓発に休暇を使うことも推奨しています。
管理職も同条件の休暇を取るのでリーダーが不在でも仕事が滞ることなく進むように仕組化を心がけています。

お問合せはこちら